2006年07月07日

いぇい

前述のレポートは出しました。

快挙!

再提出の時にはもっとビシィっとしたの出します。はい。

つーか、なんつーか、さぁ。

最近ミスが多いぜ。USB忘れもだし、傘破壊もだし。

実を言えば新しく買った傘も微妙に壊れたし。

提出ファイルじゃないファイルをうっかり提出して、ダメ出しを喰らうし。

ビデオの録画は忘れるし。

サッカーはシュートの辺りだけ見逃すし。

使いたいときに限ってケータイの充電切れるし。

・・・緊張感がないのよ。

しかもおまけに、自分が「ま、いいか」みたいな状態だもんね。

よくなーい。

このままじゃテストもどーでもよくなって、

3年になれませんでした!留年です!

って感じになっちゃうのかな。

現実味がないけど、現実になるのかも。

今のままじゃね。





君ノ声 / 中村一義


 こっから下はちと長いですから。お気をつけて。



さて、今日は私が『我が心の師』と仰いでやまない人の誕生日です。
まぁ隠す必要もないし、知らない人は知らないだろうからね。言うけど。
その人は、某「水曜どうでしょう」のディレクターさんの嬉野さんという方です。

「どうでしょう」には公式HPがありまして、
そこにはディレクターさんが書く日記がございましてね。
嬉野さんは、もうひとりのディレクター藤村さんとかわりばんこに日記を書いておられます。

その嬉野さんの日記が実に興味深い!(藤村さんの日記も好きですよ!念のため。)

哲学的なような、悟ったような感じの日記を書く日があるの。
でもそれは、押し付けがましいわけでなく、優しく、そして共感できる。
たまに、どきっとする。気づかされる。

こういうことしていいのかわかんないけど、ちょっとその日記から引用してみるね。


「(前略) 時々ね、自分は世間の為に何をすれば良いのだろうかと思うことがあります。そんなことを考えても答えは出ませんし、どうすれば世の中が住み良くなるのかもわからないままです。
でも、きっとぼくら一人一人が自分の人生をきちんと生きる、そのことを忘れさえしなければ、それはそのまま世間の為になるのではないでしょうか。
ぼくら一人一人の力は本当に無力なのでしょうか。
ぼくらその他大勢の国民が日本を支えているのは、昔も今も変わらないはずなんですよね。
そのことをぼくは長い間、忘れていたような気がしたんです。 (後略)」


「(前略) そう言えば、桜は春に花を咲かせて、やがて葉を茂らせ夏のエネルギーを吸い、木枯らし吹く頃に落葉して冬を迎え、翌年の雪解けと共につぼみをふくらませ、また花を咲かせる。
 「毎年同じことばかりやってるんだなぁ」
と、そう思ったら不思議でしょうがなかったんですね。
言ってしまえば、
 「春に花を咲かせる」
そのことのために桜の一年があり、
それを繰り返すことのために桜の一生がある。
その時、人間も同じようなものじゃないかなぁと感じました。
 「そんなに、いろんなことできないよ」
気づかぬところでぼくらの体は、そう言っているのではないでしょうか。 (後略)」



ぶっちゃけ、全文読まないとわかんないね(苦笑)
でも…日常の中で何気なく見逃してしまうことから、自分の考えをふくらませていく。
すごい感受性と考える力を持っているなぁと思います。

私は、この日記を帰りの電車の中でチェックしています。
癒されたり、考えさせられたり。

私も彼のような感受性と思考力と文章力があるといいなぁ、なんて思ったり。
自分の思ったことをしっかり表現できるって才能だよね。
私も思ったことをたくさんココに書いて行きたいです。
人の評価なんて二の次で、さぁ。

ま、とにかく大好きなんだ!番組もディレクターも出演者も(笑)
そゆことです!!(そーゆーことなのか?笑)
posted by assa at 23:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

水曜どうでしょう / 2006年7月8日  天気:曇り時々晴れ
Excerpt: 昨日の朝、7時ぐらいですか。 駅のホームで、ランドセルを背負った小学生が、 口元を隠すように、携帯電話で話しをしてました。 洩れ聞こえる話に聞き耳を立てると・・・・ ..
Weblog: それ行けっ!ゆびお
Tracked: 2006-07-08 18:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。